スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎧鍛冶近況(副題:武芸盾と行く島津耳5)

2008.08.12.Tue.01:07
耳1ノックに勤しんで、還暦が目前に迫って来ました。
装備をある程度新調して、潜在も生命関係にそれなりに振れて来て
盾として大分マトモになってきた感じです。たぶん…

さて、島津耳5角隈に行ってきました。
構成は武芸、武芸、陰陽道、暗殺、仏門、能楽+鎧鍛冶。
まさかの盾1?と見せかけて、まさかの武芸盾。
色々あって、盾1でという言葉に危うくソノ気になりそうな
恵那さんでしたが、最終的にはこういう形に落ち着きました。

空1に行けば反撃で一撃する程の攻撃を(一刀で)維持しつつ
腕力装備なのに盾もしっかりこなしてしまう、そんなスーパー武芸の
しょーはくさんが一緒な訳で、これはもう負ける要素がありません。

んでまあSSを張り切って撮ろうと臨んだはずでしたが、

bugei.jpg
奥儀する盾武芸。

しょーはくさんの雄姿はこれしか撮れてなかったorz

他には、一所する武芸(さすがになかなか釣り辛そうでしたが)、
剣風で術止めする武芸、普通に攻撃する武芸(ダメージは言わずもがな)、
そして反撃する武芸!…は見事に封じられてましたがorz

実際の合戦武将Nは軒並み反撃封じを持ってるらしいですが、
九州の武将Nも概ね準拠してると考えておいてよさそうな気配ですね。
というあまり役には立たない情報。
まあそんな感じでまさに八面六臂でした。

攻撃隊列で行ったこともあって、それなりに危うい場面も
ありましたが無事に一発通過。これでまた行ける場所が増えました。

高千穂の方も、前述の暗殺と次のネタな演舞共々、同じくらいの時期に
行けるようになってましたが、どれも全く手をつけてなかったり。
様子を見て弁天には挑戦出来るようにしておきたいところです。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。